投稿日: カテゴリー: お知らせ, お知らせ_new, 大学版画展

第46回大学版画展「終了」サントミューゼ上田市立美術館

no46_kaijou_001
[第46回 全国大学版画展]サントミューゼ上田市立美術館(長野県)は終了しました。
たくさんのご観覧ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。 ——————展覧会詳細—————–
・開催期間 2021年12月4日(土) ~12月19日(日) ・開館時間 平日9:00〜17:00(最終入場は16:30)
・休館日:火曜日(祝日の場合はその翌日)
・料金
一般¥300 (250)
高校・大学生¥200 (150)
小・中学生¥100 (80)
※( )内は20名以上の団体
※障害者手帳携帯者とその介助者1名は無料

※期間中『観客賞』の投票に参加いただいた方の中から抽選で5名樣に版画家(学会員)の作品をプレゼント。
いしだふみ(大阪芸術大学) / 清水博文(京都芸術大学) /高浜利也(武蔵野美術大学)/ 三井田盛一郎(東京藝術大学) /八木文子(山形大学) (敬称略・50音順)
※今年度は規模を縮小し愛知芸大と女子美術大学の学生作品販売をしています。
———————————
関連イベント
———————————
◎公開講座 「いいかげんさ」と「緻密性」が同居する版画表現
日々進化している版画表現の“今”を知り、他分野とのコラボレーションも積極的に行っている版画家・倉地比沙支(愛知県立芸術大学教授)が版画表現の魅力についてお話しします。
・日 時/12月4日(土)13:30ー15:00
・会 場/上田市立美術館1階 市民アトリエ・ギャラリー
・講 師/倉地比沙支(版画学会会長・愛知県立芸術大学教授)
・参加料/無料
・定 員/ 40名
———————————
◎版画ワークショップ 美術家から学ぶ「はがし刷りからの展開」
版画の「はがし刷り」等を応用し、タイヤやスニーカーなどの既存の立体物を“はがしとる”作品を主に制作し活躍する美術家・阿部大介を講師に迎え、新たな版画表現のワークショップを行います。今回は身近にある物の表面をはがし取り、その皮膜をアレンジして版を制作し、プレス機で印刷します。
・日 時/12月11日(土)・12日(日)13:00~17:00 【全2回】
・会 場/上田市立美術館1階 市民アトリエ・ギャラリー
・講 師/阿部大介(美術家・女子美術大学准教授)
・参加料/1人3,000円(材料費込。高校・大学生は1,500円)
・定 員/10名(高校生以上の方)
———————————
◎同時開催
山本鼎版画大賞展 歴代受賞作品展
大学版画展開催期間中は、全国公募展「山本鼎版画大賞展」の第1回(1999年)から第8回(2021年)までの大賞・準大賞作品全24点と、創作版画家・山本鼎の作品をあわせてご紹介します。
※本展の観覧券でご覧いただけます。
———————————
サントミューゼ
上田市立美術館(2階企画展示室・ホワイエ)
〒386-0025
長野県上田市天神三丁目15番15号