第38回大学版画展

会期 2014年12月7日(土)〜12月23日(日) *月曜休館、但し12月23日は祝日につき開館
場所 町田市立国際版画美術館

map_machida
徒歩小田急線町田駅より約15分/JR横浜線町田駅(中央口)より約15分
JR横浜線町田駅(ターミナル口)より約12分
バスバス停「高ヶ坂センター前」から徒歩7分
※平日は町田市民バス「まちっこ」もご利用できます。
電車小田急線町田駅 新宿から快速急行で約30分
JR横浜線町田駅 新横浜から約20分

展示部門について

搬入

  • 直接/業者委託搬入 12月3日(火)10:30 〜 15:30(プレゼント版画作品搬入・作品仕分け)
  • 搬入予備日 12月4日(水)(水)
  • 搬入場所 町田市立国際版画美術館 東側搬入口

搬入方法

  • <直接 及び 各大学依頼業者搬入>
  • ・各大学で直接搬入、又は地区の運送業者に依託。
  • ・個人での搬入は不可。必ず大学ごとに搬入して下さい。
  • 美術館搬入口で受付け担当学生のチェックを受けて下さい。
  • <学会委託搬入>
  • 委託搬入の際は梱包材に「出品表/委託搬入用」を貼って下さい。
  • 発送の際、伝票の追跡番号を控えておいて下さい。
  • 梱包は30kg 以内にし、搬入、搬出しやすいように工夫して下さい。
  • 搬出時の梱包は、基本的に搬入時の梱包材をそのまま使用します。
  • 解梱時に梱包材が破損しない工夫を各校で行なって下さい。
  •  上記受付日の時間内に必着するように手配して下さい。
  • 平成26 年度よりヤマト運輸(ヤマト便)による委託搬入が対応不可能となりました。各地の営業所で発送受付が可能な場合であっても、町田の集配所で対応しきれず、上記の搬入日時に配達出来ない恐れがあるとのことです。業者委託搬入を希望される大学におかれましては、ヤマト運輸以外の運送業者をご検討ください
  • 作品(梱包)サイズが大きく、出品点数(梱包数)の多い大学におかれましては、「日通アロー便」「SGムービング」「プラスカーゴサービス」「大宝運輸」など各地区において条件にあった運送業者、サービスをご検討のうえ、各大学において搬入・搬出を合わせて依頼してください。

搬出

  • 搬出日時 12月25日(火) (水)作品撤収9:50〜(集合場所2階展示室) 直接搬出13:30 〜 15:30
  •      12月26日(水) 10:30 〜 15:30
  • 搬出場所 町田市立国際版画美術館 東側搬入口
  • 〈直接及び各大学依頼業者搬出〉
  • ・個人の搬出は不可。必ず各校ごとに搬出。
  • ・搬出時、搬出係のチェックを受けて下さい。
  • 〈学会委託搬出〉
  • ・学会の指定業者に委託。(送料は着払いとする)
  • ・必ず返送代表者1名と返送先の住所を記入してください。
  • 学会委託搬出に関する注意事項
    1:大学版画展の搬出日が冬季休業期間になる大学・学校が多いため、作品は各校ごとにまとめて、原則的に各校の代表学生の自宅に送ります。それ以外に返送先の指定がある場合は、出品データ提出の際、返送先をご指定下さい。その際、確実に受け取りが出来る返送先の指定をお願い致します。
  • 2:委託搬出では、ヤマト運輸の着払いを利用する予定です。梱包の大きさ・数により上下しますが、それなりの料金がかかります。発送後、作品を受け取られてからの苦情等には対応できませんので、料金の面で不安がある場合は、事前におおよその料金の確認を行なった上、学会委託搬出を希望するようにして下さい。
    3:到着日時指定は基本的にできません。学会委託搬出が運送業者の繁忙期と重なるため、1~3 日の幅をもっての扱いとなることをご了承下さい。発送後、伝票番号等を展覧会事務局より返送先(代表者)へお知らせしますので、到着日時の確認を行う場合は、各業者の最寄りの営業所にお問い合わせ下さい。
    4:梱包材は再利用します。搬出の際、再梱包作業が簡便に行えるよう、梱包の工夫をお願い致します。
  • ※前項〈業者委託搬入〉の箇所で説明の通り、ヤマト運輸(ヤマト便)による搬入出の対応が、かなり制限されて来ている状況ですので、作品(梱包)サイズが大きく、作品点数(梱包数)が多い大学におかれましては、出来る限り「各大学依頼業者搬入出」を検討された上で、直接業者にご依頼いただき、学会委託搬出はお選びにならないようご協力お願い致します。
  • ※場合によっては、年内の集荷/発送が出来ないことも考えられますのでご承知おきください。

作品

  • 内容
  • 版による表現。原則として平面作品に限る。
  • ※展示の際、電気や水を使用、腐敗するようなものは不可。
  • ※単体の額装作品に限ります。組み合わせ作業が必要な組作品は不可。
  • ※床置き、又は展示台を必要とする作品は原則として不可。
  • ※判断が困難な出品作品がある場合、当該学生の担当教員は、事前に展覧会事務局に連絡の上、作品の規定について確認し協議すること。
  • 出品数
  • 学生数調査アンケートをもとに決定した出品数を展覧会事務局より連絡。
  • 学校に在籍する学生の作品。学校割当人数を超えない。一人1点。
  • サイズ
  • ・例年同様、参加人数に応じて各校の壁面長が決まります。
  • ・原則として出品者一人あたり幅1m 以内。サイズを超える場合は2段掛け。
  • 出品表について
  • ・作品(額装)の裏面右上に、必ず「出品表No.1」を貼り付ける。
  • ・個別作品の外箱に「出品表No.2」を糊付けする。
  • ・作品のフレームに、表から見えるように「出品表No.3」を貼る。

額装

  • ・アクリル等、丈夫な額装をする。(ガラスの使用不可)
  • 額装、パネル貼り等形態を問わず、必ず展示用の丈夫な紐を付ける。
  • ・落下防止のため作品の軽量化等、破損の防止を心掛ける。
  • ・両面テープなどで直接止めないなど、作品が傷まない額装を心掛ける。
  • ・組作品を出品する場合、必ず一つの額装内におさめること。
  • ※額装が別々の場合は二点とみなし、一点のみの陳列になります。粗雑な額装、ヒートン、フック等が付けられていない作品が毎年見受けられます。必ず期間中展示に耐え得る額装、また展示作業が円滑に進むような額装をお願い致します。
  • 尚、あまりにひどい額装の作品については、展示を差し控えることもありえますので、注意して下さい。
  • 以下、美術館からの通達事項ですので周知して下さい。
    額装は会期中に落下、破損等起きないようにきちんとすること。
    展示中に問題が生じた場合は本人が直しに来ること。
    状態、状況によっては会場から撤去する場合があります。

  • 『町田市立国際版画美術館収蔵賞』
  • 30点程度(本学会会員による選考)
  • 受賞作品は美術館に収蔵され、受賞者には賞状と賞金が授与されます。
  • 受賞作品は平面作品の状態での収蔵とします。撤去の際に額装を外しますのできれいなシートの状態に戻せる方法で額装して下さい。
  • パネル張り等、シートに戻すことが難しい作品については、搬出撤去日に同一作品を美術館に必ず提出して下さい。
  • 『観客賞』
  • 1点(観覧者による選考)。受賞者には賞状授与。
  • 来場投票者の中から抽選で5名に会員の作品をプレゼント。

締め切り

  • 出品者・作品データ
  • 10月18日(金) 必着・厳守
  • 完全データ提出となっています。
  • データ提出後の題名等、内容の変更には対応できません。
  • 記入漏れのないようにして必ず期日までに下記アドレス宛にデータを送付するか、データを記録したメディアを武蔵野美術大学へ郵送して下さい。目録として印刷します。
  • 学生作品販売
  • 10月30日(金) 必着・厳守
  • 各校のご担当者様宛に書類を発送しておりますので、詳細はそちらでご確認下さい。
    他、質問等がございましたら、東京芸術大学版画研究室 担当:結城までご連絡下さい。
  • 東京芸術大学版画研究室 担当:結城
    Tel:050-5525-2158

出品表ダウンロード

  • 下記のリンクから提出用書類をダウンロードできます。
  • Windowsの方は右クリックして「対象をファイルに保存」を選択、Macの方はControl + クリックをし「リンク先を保存」を選択してください。
  • データ送付先
  • 大学版画展 展覧会事務局
    武蔵野美術大学 版画研究室 担当/高浜利也
    〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
    E-Mail:l-hanga@musabi.ac.jp

お問い合わせ

  • 出品に関する問い合わせは、全て展覧会事務局にご連絡下さい。
  • 美術館では問い合わせに対応する業務を一切行っておりません。ご注意下さい。
  • 連絡先
  • 版画学会 展覧会事務局
    武蔵野美術大学 版画研究室
    担当/高浜利也

    〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
    Tel : 042-342-6052
    Fax : 042-342-6987
    E-Mail : l-hanga@musabi.ac.jp